スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 小春
 
[スポンサー広告
歓喜の歌
昨日、私が夜勤をしている間に水曜どうでしょうディレクター藤村さんから嬉しい発表がありました。

水曜どうでしょうディレクターの嬉野さんがプロデューサーを務め、藤村さんが監督を務めるHTB開局40周年紀念スペシャルドラマ「歓喜の歌」の主演を大泉洋先生がいたします。

前々からどうでしょう藩士の中では「どうやら大泉先生が主演するらしい」という噂が飛び交っておりましたが、どうでしょうのHPで正式に明記されたのは初めてでしたね。



以下、藤村さんが書かれた日記を抜粋しながら記事を書いております。


このドラマの主役の特徴を藤村さんはこう書かれています。

年のころは50歳ぐらいでしょうか。やる気があるのかないのか。自分のミスから起きた問題なのに、どこか他人ごと。そのくせ他人のミスは断固糾弾する。自分のことはすっかり棚に上げて。でも、どこか憎めない。基本的に悪い人じゃない。だって最後には、みんなをハッピーにする。

これを読んだとき、「あれ?これって大泉さんのこと?」と思いました。
年齢設定をのぞいたら、まさに大泉さん(笑)。
きっと私以外の藩士の皆さんもそう思われたでしょう。
藤村さんも、続いてこう書かれています。


いろいろと考えました。何人かの候補が出ました。50前後のしぶい俳優さんたちです。
しかし、ハタと思いました。50歳という年齢を外せば、なんだなんだ、ピッタリの俳優がいるじゃないか。
最近売り出し中の大泉洋とかいう男だ。


やっぱりね!これって大泉さんだよね!って思いました。
日記は続きます。


幸い、彼のことは昔から良く知っていて、多少のコネはある。
で、大物俳優・大泉洋氏にオファーし、そしてこころよく、引き受けてくれたのであります。

ドラマ「歓喜の歌」の主人公・大樽市民会館の佐野主任役は、今を走り、今を映し出す男!ナウ泉ナウさんに決定いたしました。




素晴らしい!
きっと北海道以外でも放送されるでしょう。
・・・するよね?

このドラマが終わったら、旅に出て欲しいなぁ。
去年は新作の放送はあったけど、旅には出なかったからね~。
ドラマの制作日誌も嬉野さんが書かれるようなので、その辺も楽しみです。

これにてご無礼♪
スポンサーサイト
Posted by 小春
comment:0   trackback:0
[凡人の日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://abetterdayhalu.blog62.fc2.com/tb.php/118-dcc4a0bb
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。