スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 小春
 
[スポンサー広告
クローバーフィールド/HAKAISHA
ずっと前から見たかった「クローバーフィールド/HAKAISHA」を観にいきました。

これより以下、ネタバレありです。
この映画は何も情報がないまま見た方がドキドキするので、これから見る予定のある方は読まない方がいいかも。




クローバーフィールド/HAKAISHA(2008)
クローバーフィールド/HAKAISHA(2008)


あらすじ:ニューヨーク、マンハッタン。ある夜、仕事で管理職への就任が決まり日本へ栄転となったロブを祝うため、アパートの一室で送別パーティーが開かれていた。ところがそのさなか、外で突然爆音が響き渡る。ロブたちが屋上へ出てみると、街の一部で爆発炎上している凄惨な光景が広がっていた。さらに、間もなくその惨禍は彼らにも及び、一瞬にして街一帯がパニック状態となる。そして、人々はこの事態を引き起こした元凶でおよそ地球上には存在し得ない巨大な怪物を目の当たりにするのだった…。






一言で言うならば、大パニック映画です。
とにかく逃げろ逃げろ!って感じ。
何が何だか分からない。とにかく怖い。何か大変な事が起きている。でもよく分からない。
大きな地震のようなものがあった後、一気に街は停電。
外に出て見ると、何か得体のしれないものが街を破壊しながらこちらに向かってくる。
大きな岩のような物が飛んできたと思ったら、それは自由の女神の頭!

クローバーフィールド/HAKAISHA



エライこっちゃ~~!!とみんな逃げまどいます。

家庭用のビデオカメラで撮っている風の映像なので、リアル感はありますが映像酔いする人が多いそうなので、工夫しながら(時々字幕だけに集中するとか)観てください。

何が起きているのか情報がないのは観客も登場人物もみんな同じ。

※これより下は、さらにネタバレ!!!







監督は「日本のゴジラとなるようなものを(存在って意味ね)作りたかった」と言ったけど、全然違うじゃん。分かってないね。(と言っても、私もゴジラに詳しいわけではない)
これじゃゴジラにはなれないよ。

それに報道カメラマンじゃあるまいし、普通の男がこんな状況なのにしっかりカメラを回し続けるとは思えない。現実味がないからカメラを回し続けることができたの?それとも恐怖を紛らわすため?

ロブ(主人公)の恋人は、あんな大怪我をしたのにどうして全力疾走できたの?普通死ぬべ。

ロブが恋人を見捨てて逃げていれば、友達二人は死ななかったかもね。


カメラが止まったところでこの映画も終わりなんだけど、もちろん主人公は死ぬわけで・・・。
しかも怪物によってではなく、軍がマンハッタンごと吹っ飛ばすために爆弾を投下して、それにより主人公も死亡。
観客が席を立つタイミングを逃してしまうような終わり方。
・・・え?終わり?
そんな雰囲気が流れました。


1000円で見たので、良い暇つぶしにはなったかな。
映像からしてDVDより映画館で見た方が迫力はあるけど、1800円も出す価値があるかどうかは疑問。
でも予告がとてもうまく出来ているから、つい観たくなってしまいます。
ドキドキしたい方にお勧め。
ストーリー性を重視する方にはお勧めできません。娯楽映画としてみるなら、100点かもね。
ジェットコースターに乗る気分で見てください。


これにてご無礼♪
スポンサーサイト
Posted by 小春
comment:0   trackback:0
[中華以外の映画

thema:見た映画の感想 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://abetterdayhalu.blog62.fc2.com/tb.php/60-f3a884e8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。