スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 小春
 
[スポンサー広告
四川大地震
続々と支援の輪が広がっている四川大地震。
今までまったく触れなかったのは、私の中で中国に対する考え方が先月の台湾の旅で変わってしまったから。

色々と考えさせられることがありました。
知らなかったこと、深く考えなかったことに向き合う機会がありまして、日本と、台湾、そして中国の関係のことを考えさせられた旅となり、特に中国に対しての気持が大きく変わりました。

そのことは後々に書かせていただきますが、そんな時に四川大地震がおき、連日テレビで被害状況が放送されております。
少し冷めた気持で、そのニュースを見る自分がいるのも事実なのです。
反対に悲惨すぎる状況に、辛くて胸が痛むこともあります。
真逆の感情が交差しながら、毎日ニュースを見ています。


学校、病院など、本来避難所として使われる所が崩壊し、多数の犠牲者が出ました。
大人の私としては、子供が1000人も生き埋めになったことを聞き、可哀そうでなりません。

国に対する気持ち。
その国で暮らす人々に対する気持ち。

まだ考えがまとまりません。
援助の必要性は絶対でありますが、もう一つの冷めた私の感情がブレーキをかけます。
スポンサーサイト
Posted by 小春
comment:0   trackback:0
[凡人の日常
comment
comment posting














 

trackback URL
http://abetterdayhalu.blog62.fc2.com/tb.php/89-a0fee239
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。